チョコレートはカカオの豆からチョコレートになるまで長い工程があります。

カカオのお豆を収穫してから、現地での発酵、選別、袋詰め、輸送、店舗での選別、カカオ豆のロースト、カカオの皮むき、カカオ豆の粉砕、カカオ豆を砂糖と24時間以上練り上げる。


ここでようやく液状に姿が変わり皆さんのイメージするチョコレート状になります。

更に、チョコレートを4段階の温度調整しながら板に成型。

目視と手作業による検品。

そして1枚1枚 丁寧に手作業で包み…ようやく完成します。


カカオ豆は原産地での栽培から日本に届くまで船で何ヵ月もの旅を経て来ます。

その間、輸送中の温度・湿度・衛生環境によっても品質が変化します。

トライバルカカオでは信頼できる生産農家~流通業者様を経てお店に到着するカカオ豆はどこか一つでも素晴らしい仕事が欠けると美味しいチョコレートは出来ないものだと考えています。皆さんの素晴らしい仕事の成果をお客様に"美味しさ"として届けるために日夜研究しています。


2019年11月22日現在、トライバルカカオでは、ブラジル、ドミニカ、マダガスカルを始め、10か国以上からカカオ豆が集まってチョコレートとして並んでいます。それぞれの国のお豆の特徴に合わせて工夫をして作ったチョコレートで驚きと喜びを感じていただきたい。

皆さんの日常のちょっとした息抜きや刺激になり、活力になりたいと思い。

今日も丁寧に作っています。